トピックス

<知財の窓口>

a0001_001352

<知財の窓口>

独立して2年があっという間に経ちました。

順調にここまでこれましたのは、皆様のおかげですので、本当に感謝申し上げます。

弁理士として、知財(特許、実用新案、意匠、商標)の「窓口」の業務を担う。

そして、それだけでなく、更に一歩先を進んで、私がやりたいこと、やろうとしていることは、

(1)「研究者」経験から、
どうしたら、発明が生まれるか、
発明を生み出す方法、きっかけを研究者の方にお伝えしたい。

(2)「審査官」経験から、
どうしたら、特許になるか、
どうしたら、強い特許権が得られるかを研究者の方、知財担当者の方にお伝えしたい。

(3)「大学知財マネージャー」経験から、
どうしたら、大学の発明を論文でなく、特許出願する必要があるのか、
どうしたら、大学の発明を企業に橋渡しできるか、
どうしたら、企業と大学とが良い共同研究をできるか、企業の方、大学の方にお伝えしたい。

(4)「国際特許事務所勤務弁理士」経験から、
どうしたら、海外でも権利化できる明細書にできるか、
どうしたら、海外出願のために、補助金が使えるのか等を研究者の方、知財担当者の方にお伝えしたい。

間違いなく、今後も、日本の企業、大学が、益々求められるのは、
技術、研究、そして、知財だと思います。

地方だろうが、良い商品、良い特許を出すことができます。

横綱と同じ土俵に上がり、勝つことだって可能であると確信しております。

これらを伝えるために、これからも、弊所独自の「知財の窓口」のあり方を模索し、
引き続き、綜合的な知財サービスを行いたいと思っております。

お気軽にお問い合わせください。

TEL: 06-6940-0619
E-mail: info@fukushima-patent.com

どうぞよろしくお願いいたします。

弁理士 福島